自由民主党 千葉県議会議員  三沢さとし  www.三沢さとし.com
  住み続けたいまち

    移り住みたいまち“たてやま”




千葉県議会議員 三沢さとし

所属会派 自由民主党千葉県議会議員会
選挙区  館山市
  


 | HOME | 自己紹介 | 近況報告 | 活動報告 | 議会報告 | 政策理念 | お知らせ |  



千葉県議会棟 自由民主党 控室   自民党控室 三沢さとし 自席





    
 更新:2019-05-08
議会報告
千葉県議会議員 三沢さとし



(2月定例県議会・一般質問の抜粋)

地域の公共交通施策を要望
館山・鴨川間の交通検討会設置

「館山・鴨川間 道路計画」

(質問 三沢さとし)
館山・鴨川間道路交通対策検討会の設置目的と今後の健闘の進め方はどうか。

(答弁 県土整備部長)
館山・鴨川間の道路は、観光や物流を支える幹線道路に交通が集中し、市街地を中心に渋滞が発生している状況。
このような中、館山市・鴨川市間の交通課題に対する検討を行うことを目的に先月に検討会を設立しました。
本検討会では、県関係課及び地元市を会員とし、広域的ま道路計画の視点を持つ国土交通省をオブザーバーとして
招聘し、地元市町の意見を聞きながら、道路交通問題の抽出・整理や道路交通対策などの検討を進めます。


(要望)
昨年「地域高規格道路”館山・鴨川道路”整備促進期成同盟」が設立され、国や県に対し、早期整備の要望活動を
行っており、計画の具体化に向けて、地元では大きな期待を持っています。
この検討会を通じて、館山・鴨川間の交通の円滑化に向け、地元市町の意見をしっかりと聞いていただき、さらに議論を
深めていただくことを要望します。











多目的桟橋の拡充を要望
外航クルーズ船寄港で地域活性化


「クルーズ船誘致は重要」


(質問 三沢さとし)
クルーズ船は、寄港地を寄港地を中心に「一度に多くの観光客が訪れ、グルメやショッピングなど地域での消費に繋がり
寄稿地周辺の経済活性化につながるとともに、外国人観光客と地元住民との交流が進展するなどの効果も生まれて
いる。
クルーズ船の需要増加と東京オリンピック・パラリンピックを踏まえて、千葉県としてもクルーズ船の受け入れを契機とした
地域活性化を図っていくことが重要だと考える。
外航グルーズ線の受け入れについて、県はどのように考えているのか。

(答弁 商工労働部長)
外航クルーズ船の寄港によってもたらされる経済効果や、にぎわいの創出、様々な文化交流は地域活性化につながる
ことから誘致に向けた受入れ環境の整備が重要だと考えている。
そのためには、港湾施設の整備とともに、外国人観光客のニーズを踏まえた観光資源の魅力向上や快適な観光周遊
をサポートする体制づくりなど、取り組むべき課題がある。

こうした中で、君津、安房、中房総地域では、広域的に連携した外航クルーズ船誘致のための環境整備に向けた
取り組みも始めており、県としても協力しているところ。
今後もますます増加が見込まれるインバウンド観光の振興のために、市町村や観光事業者などが広域的に連携して
行う取り組みを積極的に支援していく。


(要望 三沢さとし)
少子化のなか、私たちの住んでいる館山市、南房総地域、鴨川地域でも人口が減少している。
そのためには、観光客に一人でも多く来てもらえるよう、県としても一生懸命やっていただきたい。











地域農産物の販売促進

(質問 三沢さとし)
地域農産物の販売促進に向けて県はどのように取り組んでいくのか。

(答弁 森田知事)
地域の特色ある農産物を販売促進していくには、その特徴を見極め、差別化を図り付加価値を高めるとともに、
県内外の消費者や実需者に、その魅力を伝えることで新たな販路開拓などに取り組んでいくことが重要と考えている。
 ・ 温室ビワなど、地域ならではの品目のブランド化に対する支援
 ・ 卸売業者や小売店に向けた産地見学会の開催
 ・ 地域の直売所や首都圏の量販店におけるフェアの開催
 ・ 安房地域商談会「大地と海の恵み発見伝」の開催や、全国規模の商談会への出展支援
など様々な取り組みを展開しているところであり、今後も生産者の所得向上につなげていく。
 
    
    
    









page top

 自由民主党 千葉県議会議員 三沢さとし  Copyright MISAWA SATOSHI.All Rights Reserved.